読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の読書感想文

読書感想文です。筆者の主観です。

あるキング/伊坂幸太郎

伊坂幸太郎 徳間文庫

★★★☆☆

 

 

概要:

この作品は、いままでの伊坂幸太郎作品とは違います。意外性や、ハッとする展開はありません。あるのは、天才野球選手の不思議なお話。喜劇なのか悲劇なのか、寓話なのか伝記なのか。キーワードはシェイクスピアの名作「マクベス」に登場する三人の魔女、そして劇中の有名な台詞。「きれいはきたない」の原語は「Fair is foul.」。フェアとファウル。野球用語が含まれているのも、偶然なのか必然なのか。バットを持った孤独な王様が、みんなのために本塁打を打つ、そういう物語。

 

 

感想:

マクベスを読んだことはない。

けれどもこれを読むとなんとなくの筋はわかった。

 

その時代の王が終わる時に、新たな時代の王が生まれる。

結局世界はそうなっている。

 

ただただ王となることを運命付けられた主人公。

その一生を書いていく物語に過ぎない。

 

この話を凡人が書いたなら、たいへんつまらない話になるだろう。

正直、伊坂幸太郎の作品じゃなかったら読まなかったと思う。

それでもなお、伊坂幸太郎の文章は人を引き込む。

だからこそこのような話であっても読み進めてしまうのだろう。

 

結局、心地よい文章ならば、話の筋はそれほど関係なく、読みたくなってしまうのだ。

そう思わざるを得ない話だった。

 

この小説は、特段ハラハラもしない。

ただただ話が一直線に進んでいくだけ。

 

それなのに読み進めてしまうのはやはり伊坂幸太郎の文章のなせる技だと思う。

 

全体的に暗い雰囲気が漂っていて、あまり気分のいいものではなかった。

 

私としてはこの話は結局、悲劇だったと思う。